雑記

新型コロナ、需要の変化

  1. HOME >
  2. 雑記 >

新型コロナ、需要の変化

管理人こはくです。

新型コロナによる感染の拡大防止について、国を挙げて取り組んでいるところですが、皆さんは不要不急な外出は控えていますでしょうか。

今年のゴールデンウィークは不要不急な外出の自粛が継続されますが、この期間が本当に感染の拡大を防止できるかどうかの重要な期間になりますので、引き続き国民全体で頑張りましょう。

また、医療関係者の皆様、日々逼迫な状況の中で命を張り業務に邁進して頂きありがとうございます。

自分が新型コロナウイルスに感染しないよう日常を心掛けることしかできませんが、感謝いたします。

新型コロナの感染に対する影響は何回か取りあげてきましたが、経済に対する影響は皆無でした。

そこで今回は経済関連の影響を取り上げ、需要減少と増加を確認して一人ひとりの今後の対応の参考になればと考えています。

 

 

新型コロナによる需要の減少

 

需要減少の業種等

新型コロナの感染拡大の防止による緊急事態宣言がなされ、解除の見通しが立っていませんがこの間、人の移動が制限され、以下の需要が減少しています。

・トラベル

・交通機関(JR,航空)

・自動車

・ガソリン

・鉄鋼

・イベント(娯楽含む)

 

人の移動が制限されているため、上記は減少が顕著に表れています。

 

会社の対応

上記に関連するお仕事に就かれている方は、今後も状況は暫く変わりませんので会社から休業あるいは減給を要請されるかもしれません。

会社は売上の減少に対する費用の減少が比例しないので、赤字を最小限にするために事業の縮小あるいは休業を選択するしかないこともあるでしょう。

地方自治体から休業要請されていない業種でも事業の縮小や休業をするということは、自社から新型コロナの感染者を出さないためのリスク回避と考えると、一石二鳥といえるかもしれません。

自社から新型コロナの感染者を出してしまうと、事務所の閉鎖や洗浄、関連する業者への連絡や他従業員からの報告や管理等大変な労力となります。

 

従業員の対応

従業員にとって一番大事なのは、会社が体力を無くして潰れることなく事前に対策を講じ存続することにあるので、状況を理解して一致団結してほしいところです。

会社にとって一番の財産は人材で、その人材を会社は守るために講じた策でもあることを理解して休業中や在宅勤務時も不要不急の外出の自粛を継続しましょう。

 

 

新型コロナによる需要の増加

減るところあれば増えるとこあり。

新型コロナによる需要が増加しているものがあり、それを取り扱っている企業は需要増加による対応を行っています。主に以下の需要が増加しています。

・食料

・ネット通販サイト

・宅配

・PC(パソコン)

・TV(テレビ)

 

人の移動が制限されているため、主に上記需要が増加しています。

また、需要が増加している中には値上がりが起こっている物もあります。

 

会社の対応

上記項目が主に需要増加しており、企業にも影響が出始めています。

食料は外出の自粛により一度に購入する量が増えているため、スーパーなどは物資の確保や一部行列への対応で業務量も増加しています。

ネット販売も通販サイトからの利用が増加しており、対応するために追加雇用も増えています。

パソコンやテレビの需要も増えており、取り寄せや商品切れが増加しています。

パソコンやテレビの需要は、企業がリモートをするための機器としての需要も含まれています。

これらの食料関連やPC,TV等の機器関連をネット通販サイトで注文することから、宅配の需要も増加となっています。

 

従業員の対応

人と接する業種の方は対面を避ける工夫を会社が取り組んできていますが、何れも完全ではありません。

自分の身は自分自身で守る意識を持って、マスクや手洗いうがいをこまめに行い、集団感染等を起こさないための予防をしてください。

 

 

新型コロナによる需要の変化

今回の新型コロナは世界的に流行し、あらゆる分野で影響を及ぼしています。

その中でも人との接触を避ける対策や行動が行われているのは、周知の事実です。

新型コロナとは間接的なのですが、以下について今後はこの流れが世界でグローバリゼーションとなるかもしれないと感じました。

 

本格的なキャッシュレス時代の到来

手渡しでお金を渡す行為が今後急速に縮小するかもしれません。

スーパーなどで極力、人と接する機会を減らすためにカード払いをしている方も増えたかと思います。

日本は特にキャッシュレス化が世界的に見て遅れていましたが、これを機に店舗側も手間や現金事故防止の観点からキャッシュレス化の導入・拡大に舵を切るのではと感じました。

お金は現金を所持していることでの価値がありますが、今後は他のポイントサービスと同様の価値になるのかもしれません。

 

ネット通販サイトの普及拡大及び主流化

ネット通販サイトを利用したことのある人は多いと思います。

その頻度は、通常出向いて買い物をする頻度との割合はどれくらいでしょうか。

おそらくコンビニでの身近な買い物を含めると、その割合はそれ程ではないでしょうが、仮に逆転するキッカケがあったとしたら、この新型コロナ騒動なのかもしれないと感じました。

まだ終息が見えない状況ですが、今後も確実にネット通販の利用が拡大するでしょう。

それにより、より手軽に身近になるのではないかと感じました。

 

楽天で日用品をみる

Amazonで日用品をみる

Yahooで日用品をみる

今回は、新型コロナウィルスを扱った記事の中でも今までとは別な角度から見ていきました。これだけ様々な分野に影響が及んでいる新型コロナウイルスですが、個々で取るべき行動を認識して日常を過ごすことが終息へと繋がりますので、自粛疲れがあるかもしれませんが医療関係に従事されている方などもっと大変な思いをされている方がいることを忘れずに今しばらく継続していきましょう。

 

お問い合わせフォーム

-雑記
-,

© 2021 80%LifeStyle Powered by AFFINGER5