ブログ

グーグルアドセンス審査に合格、やったことやらなかったこと

  1. HOME >
  2. ブログ >

グーグルアドセンス審査に合格、やったことやらなかったこと

管理人のこはくです。

3月22日にグーグルアドセンスの審査に申請して4月1日に審査が通り、無事アドセンス広告を貼ることができました。

申請から合格の通知までに10日間を要しました。通知までにかかる時間は人それぞれで、1日で通知が来た人や通知が来るまでに2週間待った人などネットを見ると様々で、通知が来なくて問い合わせたエピソードを紹介しているサイトもありました。

諸先輩ブロガーさんのサイトを見て、アドセンスを受かるためにやったこと、また、やらなかったことも含めて色々ご紹介したいと思います。

モカ
審査が厳しくなっていると聞いたけど
ギリギリ受かったんじゃないかにゃ
こはく
モカ
何かの間違いじゃないの?
にゃんてこと言うの
こはく

今回、グーグルアドセンス審査を申請する運びとなったのは、以下の記事によるものです。

30記事を投稿して

ブログを始めて3週間のこはくです。 この記事を見ている方は、ブログに興味ある方が ...

続きを見る

10の記事を投稿して

いかがお過ごしでしょうか、管理人です。 ブログを初めて2週間近く経ちました。 w ...

続きを見る

 

申請時の状況

30記事を書いたらグーグルアドセンスに申請すると宣言していたので、このサイトの充実度は高くはなかったのですが、受かっても落ちてもこのサイトが参考値となることが大事だったため予定通り申請しました。

また、30記事の投稿でアドセンス申請することはブログを開設した時からの目標で、上記の「30記事を投稿して」や「10記事を投稿して」でも書いてある通り、当初から明確な目標があったということです。

ブログ開設から申請までの日数

初めて記事を投稿したのが2月23日で、3月22日に審査申請しましたのでブログを立ち上げて28日目で申請をしたことになります。

1ヵ月弱での申請でしたが結果的に受かっているので、立ち上げてからの期間は重要ではないのかもしれません。

ネットではブログを立ち上げて最初の記事投稿から1週間で申請し合格したスーパーなブロガーさんもいらっしゃるので、期間の重要度はそれほど高くないと思われます。

申請時点での記事数

30記事を投稿して」でアドセンス審査を受けると書いているのですが、記事数は31記事目での申請となりました。

これが多いか少ないかはわかりませんが右も左もわからずブログを開設して、諸先輩ブロガーさんのサイトを見て総合すると、グーグルアドセンスに申請するのは1ヵ月経過して30記事を投稿してからだという判断にブログを開設してすぐに至りました。

このブログタイトル「80%LifeStyle」の通り、無理せずマイペースで現実的な感覚として30記事という目標を1つの区切りに、その到達と同じくしてアドセンス申請する流れは新規ブロガーさんのスタンダードな基準になるのではないかと思います。

自分は30記事の投稿時点では、記事の見やすさや記事の起承転結が不十分で
(現在も変わりませんが( ̄▽ ̄;) )カテゴリーも充実していなかったのですが、そこのバランスも含めて30記事の投稿までの展望があればよいと思います。

ネットでは記事数が7記事で合格したスーパーなブロガーさんがいますので、記事の精度や充実度が非常に重要なのが理解できます。

逆にいうと、新規ブロガーさんが内容の薄い記事や日記を30記事連ねてもビュー数が見込めないと判断された場合は受からないことが想定されるため、自分に関する日記等の記事を投稿する場合は50記事くらいは欲しいところです。

これは自分の主観ですが何かのためになるサイトではない場合、ある程度のビュー数を稼いでからアドセンス申請をするのが受かりやすいと思います。

申請時にやったこと

速度向上

自分が申請時に合格を意識してやったことは、サイトの速度を測定してちょっと重かったので速度向上に努めたことです。

グーグルではサイトに訪れたユーザーが、サイトが重いと判断してそのサイトから離れるまでの時間が3秒と公表しています。

そのためサイトの速度を測定し画像を圧縮したりして少しですが速度を向上させました。

サイトの速度向上に関する内容は諸先輩ブロガーさんがたくさん記事にしていますので、ここでは割愛します。(笑)

因みに現在もこのブログサイトはスマホ向けの速度が遅く、課題が残っています。
( ̄▽ ̄;)

グーグル速度測定

問い合わせフォームとプライバシーポリシーの設置

ブログ開設後すぐに問い合わせフォームプライバシーポリシーを設置していたのですが、ブログをやり不特定多数の方を相手にするサイトである以上、必須と思ってください。

そのためアドセンス等の広告を貼る貼らないが問題なのではなくブログを運営する上で最低限の条件と理解しましょう。

この2つの設置もネットではアドセンスの合格に必要か不要か賛否ありましたが、そもそも論点が違うということです。

申請時にやらなかったこと

ネットではアフィリエイト広告はアドセンス広告と競合するため、アドセンス申請時点では一度アフィリエイト広告を消してから申請するというサイトを多く見かけましたが、アフィリエイト広告は貼ったままでも問題なくアドセンス審査に受かったというサイトも見かけたので、総合するとアフィリエイト広告は貼りすぎると良くないという結論にいたりました。

自分はアフィリエイト広告を整理し記事によっては広告を貼ったまま申請しましたが、グーグルで調べたらアフィリエイト広告とアドセンス広告の併用は可能でした。

グーグルのプログラムポリシーでは配信するページのコンテンツよりも広告数が多くなってはならないと書いてあります。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った価値ある情報を提供するものでなければならないとのこと。

これ以外にも禁止事項が多くありますので合格したブロガーさんは利用規約等も確認するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか、そこまで対策という対策をせずにやってきましたがアドセンスに受かったので、やっとスタートラインに立ったという感じです。ブログ関連の手続き・手順の記事は諸先輩ブロガーさんが書き尽くしているので任せるとして、このブログのブログカテゴリーは一般的な等身大で内容を綴るのが役目と捉え今後は収益についても取り上げていく予定です。

お問い合わせフォーム

-ブログ
-, , , , , ,

© 2021 80%LifeStyle Powered by AFFINGER5