経理仕訳関連

未払金と未払費用 の使い分け

  1. HOME >
  2. 経理仕訳関連 >

未払金と未払費用 の使い分け

仕訳処理をしていて勘定科目に悩むことがあると思いますが、今回は負債の「未払金」と「未払費用」について確認していきます。

この2つの科目は似たような名前で、どちらも債務という同じ性質のため混同されがちですが、実は明確に区分されています。

勘定科目の選定や仕訳処理方法はある程度自由度があり会社による設定や基準の違いでそれぞれだったりしますが、B/S科目である「未払金」と「未払費用」は明確な基準がありますので是非覚えておきたいところです。

それでは「未払金」と「未払費用」の違いや使い分けをみていきましょう。

1.未払金と未払費用の性質

未払金と未払費用には固有の性質があります。それぞれの性質をみていきましょう。

未払金の性質

確定した債務であること

・未払金は通常の営業費用以外(通常の営業費用は「買掛金」)の確定した債務

請求書等により、取引先相手である債権者と債務者の双方が認識できる確定した法的な債務は未払金となります。

なお、確定した債務で決算日の翌日から起算して1年超の債務は長期未払金として、固定負債に属するものとされています。

 

単発的な費用等の未払分であること

物品の購入等、単発的な費用の債務が該当します。

 

未払費用の性質

法的には確定していない経過勘定の債務

未払費用は法的債務として確定していない債務で経過勘定の性質を有しています。

期末時点で請求書が発行されることもなく、費用の概算計上を行った場合の負債科目も未払費用に該当します。

一定の役務契約に基づいた未払分であること

一定の契約に基づいて継続的に注)提供される役務で、すでに提供された役務に対し対価を支払っていない債務が該当します。

注)職務の提供をサービスともいいます。

未払費用は経過勘定項目で企業会計原則では以下のように定義されています。

ココがポイント

企業会計原則
〔注5〕経過勘定項目について
(3) 未払費用
未払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、すでに提供された役務に対して、いまだその対価の支払が終らないものをいう。
したがって、このような役務に対する対価は、時間の経過に伴いすでに当期の費用として発生しているものであるから、これを当期の損益計算に計上するとともに貸借対照表の負債の部に計上しなければならない。
また、未払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による未払金とは区別しなければならない。

 

2.未払金と未払費用の共通点と違い

未払金と未払費用の性質がわかったところで、それぞれの共通点と違いをここでは確認してみます。

未払金と未払費用の共通点

・発生した経費で未だ対価を支払っていないもの

どちらも属性は負債で、発生した経費に対して未払であることに変わりありません。

未払金と未払費用の違い

・取引の継続性や債務確定の有無

未払金は物品等の購入や役務の提供が完了した取引で、未払費用は役務の提供が継続中という違いがあります。そのため未払費用は物品等の購入では発生しません。

細かい話をすると役務の提供が満了し更新しないのであれば、満了月に計上する未払は契約により金額が確定しているのであれば未払金となります。金額が確定していないものであれば概算計上となりますので未払費用でかまいません。

3.未払金と未払費用の具体例

これまで未払金と未払費用の性質と共通点や違いをみてきましたが、最後に具体的に発生する例を説明します。

未払金の具体例

対価の支払をしていない取引で、未払金が発生する具体的な取引は主に以下のような取引があります。

・有価証券の購入

・固定資産の購入(企業により未払を区分している場合があります。)

・調度備品や消耗品の購入

・交通費、交際費等の諸経費

・クレジットカードの支払

・その他継続性のない費用

 

未払費用の具体例

対価の支払をしていない取引で、未払費用が発生する具体的な取引は主に以下のような取引があります。

・給与及び賃金

・社会保険料及び労働保険料

・借入利息(経過利息)

・地代家賃

・水光熱費

・リース料

 

もっと詳しく

勘定科目の選定で日ごろから気になる場合は、書籍で調べるのも有効です。

楽天でしらべる

Amazonでしらべる

Yahooでしらべる

まとめ

未払金と未払費用の判断は、取引の継続性や債務確定の有無で確認すると分かりやすいです。

中小企業では未払金と未払費用が入り繰りしていても特段問題となることはないでしょうが、未払費用は給与等の人件費にかかる部分以外は通常毎月大きな変動はないと思いますので計上の誤りがないという点で判断材料の1つになると思います。

なお、税法上では未払金であるか未払費用であるかは重要ではないため未払金と未払費用の区別はされていません。重要なのは未払計上した費用が当該年度の費用かどうかという点になります。

 

お問い合わせフォーム

-経理仕訳関連
-, , , , ,

© 2021 80%LifeStyle Powered by AFFINGER5