雑記

ドコモユーザー必見!!ドコモdカードゴールド

  1. HOME >
  2. 雑記 >

ドコモユーザー必見!!ドコモdカードゴールド

携帯やネットのプロバイダー、ドコモTV等のドコモを利用し月の利用料金が合算して10、000円を超えるドコモユーザーには必見なドコモのdカードゴールドをご紹介します。

※上記に該当しないドコモユーザーはdカードがおすすめ。

 

ドコモが提供しているクレジットカードでゴールドカードがあります。

その名は「dカードゴールド」。

dカードゴールドの何が必見なのかご紹介する前に、まずはゴールドカードについて簡単にご説明します。

 

 

ゴールドカードとは

ゴールドカードとは、一般のクレジットカードよりも付帯サービスや特典が充実しているカードになります。

空港ラウンジの利用サービスや付帯保険の内容等が充実しており、プライベートだけでなくビジネスシーンでも役立ちます。

クレジットカードにはグレードがあり、「一般カード」、「ゴールドカード」、「プラチナカード」、「ブラックカード」があり、グレードが高くなるにつれてサービスや特典が充実するので年会費も高額になります。

ゴールドカードよりもグレードの高い「プラチナカード」、「ブラックカード」は、高いステータスを示すことがでますが、その分審査基準も厳しくそれなりの年収がなければ通らないでしょう。

ゴールドカードの審査基準は下がっており、クレジットカードの履歴に遅延や延滞の履歴がなく、安定的な収入の判断基準として勤続年数がある程度の年数であれば審査は通ると言われています。

クレジットカードのサービスや特典はカード会社よって異なりますが、ゴールドカードは一般的に以下のような特徴があります。

ゴールドカードの特徴

・年会費は3,000円~30,000円前後

・利用限度額は200万円程度

(50万円以上~300万円内で設定可能と思われます)

・空港ラウンジを利用できる

・ショッピング保険が付帯されている

・提携先のレストランやホテルでの利用割引がある

・付帯保険が海外、国内旅行に対応している

 

このように、ゴールドカードは付帯サービスや特典が一般カードより充実していることで年会費が有料となっております。

カードゴールドの年会費は11,000円となっており、それなりの年会費がかかりますので、付帯サービスや特典も相応に充実しています。

スマホがドコモユーザー以外の場合でも「dカードゴールド」をおすすめしているサイトを見かけますが、厳密にいうと新規入会の特典が付与される初年度に限った話でおすすめしているということです。

ドコモユーザー以外だとスマホ料金やプロバイダー料金の引き落としに優遇される還元率が適用されないことから、年会費がのしかかってくるので必然的に他の選択肢を検討することになるでしょう。

ゴールドカードの特徴がわかったところで、「dカードゴールド」をご紹介します。

 

 

 

 

 

dカードゴールド

 

dカードゴールドは、ドコモが取り扱っているキャッシュカードでゴールドカードになります。

ドコモユーザーはお店での支払いをスマホでd払いやiD払いによる決済をしていると思いますが、d払いやiD払いのできないお店でもdカードゴールドでのキャッシュカードによる支払いで、dポイントの高還元率の恩恵が得られます。

近年Pay払い等の普及で現金払いはほぼない状況と思いますが、dカードゴールドによってd払いやiD払いのできないお店でもドコモに支払いが1本化ができるわけです。

 

dカードゴールドでできること

・iD払いのできる店舗でカードを提示することでiD払いできる

・dポイント取り扱い店でカードの提示でたまったdポイントから支払える

・キャッシュカード払いでも還元率が優遇

・d払いとひもづけることができる

 

 

目次

  • 充実の特典
  • 満足なポイント還元
  • 付帯サービスや利便性

 

 

1.充実の特典

 

dカードゴールドにはカードに付帯するさまざまな特典がありますが、ここでご紹介する特典はカードに付帯する特典ではなく、新規に申し込んだときに付与されるキャンペーンの特典になります。

 

20歳~29歳の方限定新規入会キャンペーン

学生を除く20歳から29歳まの新規にdカードゴールドを令和3年5月31日までに申し込んだ方を対象以下のポイント特典が付与されます。

 

特典1 毎月のドコモ利用分をdカード払いに設定で特典

カードを申し込みカード発行後に毎月のドコモ利用料金をdカード払いに設定するだけで20,000円分のポイントが付与されます

因みに1ポイントは1円に換算されます。

 

特典2 入会の翌々月末までにWebエントリー&利用で特典

入会日から翌月末までの利用で6,500円分のポイントを上限に25%ポイントが還元され、この還元は入会月の翌々月も6,500円分のポイントを上限に25%のポイントが還元となります。

わかりやすくいうと、2月中に申し込んで2月中にカードが届いた場合、カード到着後から3月末までにカードを利用した分の25%が還元されます。上限は6,500ポイントなので、上記期間内で26,000円の利用をすると6,500円分のポイントが還元されます。

26,000円の買い物が実質19,500円ということになります。

この特典は、2月中に申し込んで2月中にカードいた場合、4月1日から4月末日までについても同じになります。

つまり26,000円の買い物で6,500円分のポイントが還元されます。

カード到着後の翌月と翌々月でそれぞれ26,000円分の買い物をして最大限のポイントを還元することが効果的になります。

購入するものがたいしてない場合でも必ず必要となるものなどをこのタイミングで買うとよいでしょう。

注意

Webサイトでエントリーをしないとポイントが付与されません。

エントリーは簡単に行うことができます。

ドコモ アフィリエイトはdアカウントで簡単に登録可能!

 

 

特典3 特典2のエントリーとリボ払いの設定

入会の翌々月末までに、特典2へのエントリーとリボ払いの設定で最大2,000ポイントが付与されます。

特典2へのエントリーは上記でご説明しているので割愛します。

リボ払いの設定については、「こえたらリボ」の設定で1,000ポイントの付与、「キャッシングリボご利用枠」の設定で1,000ポイントの付与になります。

リボの設定の前に、まずはリボ払いとはどのような支払い方法かを理解して設定しましょう。

 

リボ払いとは

リボ払いとは、リボルビング払いの略で毎月の支払額を一定の金額に固定して金利とともに返済していく支払い方法です。

似た支払方法に分割払がありますが、こちらは支払回数を決めて支払う方法になります。

リボ払いは1回払いや分割払いとは異なり、高額商品を購入した場合でも、毎月の返済額は一定になるため、手もとにまとまったお金がないという場合でも支払いができるという特徴があります。

ただし、利息が発生するためリボ払いを利用しすぎると、支払い総額が利息により高額になるケースがあるため、リボ払いは無理のない範囲で計画的に利用することが重要です。

 

「こえらたリボ」とは

あらかじめ決めた金額を超えると、超えた金額を翌月に繰越し利息がかかる支払いサービスになります。

例えば「こえたらリボ」の設定を3万円にしたとします。そうすると毎月3万円を超えた金額が自動的に翌月に繰越す定額方式を採用しています。

2月の買い物が5万、3月の買い物が6万の場合は、2月の3万を超えた2万円分の支払いは翌月に繰り越され利息がかかります。

3月は6万の買い物をしていますが、2月に繰り越した2万円分があるため8万分の支払いがあり、3万を超えた5万円分が翌月に繰り越され利息がかかることになります。

繰り越された金額が5万に達しているので、5万のうちリボ設定の3万を超えた分の2万については翌々月まで繰り越されることになり、利息も2ヵ月分になる仕組みです。

リボ払いが適用になると利息が発生するので「こえたらリボ」を設定する場合は、実際にリボ払いになる金額が発生しないように設定するとよいでしょう。

最近は銀行やカードローン会社などは、リボ払いに力を入れており貸し手には旨味のある支払い方法です。

リボ払いは手もとにまとまったお金がない時や月々の返済を抑えたい時に有効ですが、利息がかかったり支払い残高を把握していないと危険な状況に陥る可能性もあります。

リボ払いを設定するそこの部分を考え設定しましょう。

 

キャッシングリボ設定

キャッシングリボとは設定した利用額の範囲内でお金を借り入れるサービスでカードローンのような感じです。

「こえたらリボ」は買い物の支払い方法で、毎月の支払額を設定し買い物が額が設定した支払い額を超えたらリボ払いとするのに対し、「キャッシングリボ」は現金がない場合など、あらかじめ利用枠を設定して提携先の金融機関やコンビニのATMでdカードゴールドを使ってお金を借りる設定になります。

支払いは通常の買い物と同じで、買い物プラスキャッシングが合算になって請求されます。

 

 

新規入会キャンペーン

20歳から29歳までの人以外にも新規入会キャンペーンは実施されています。

令和3年3月31日までに入会した方は、最大16,000円分のポイントが付与されます。

キャンペーンの内容を確認すると、20歳~29歳までの方を対象としたキャンぺーンと付与されるポイントが違うだけで、それ以外の内容は一緒となります。

このように新規入会キャンペーンだけで初年度は年会費を上回るポイントが付与されるのです。

 

年間利用額特典

dカードゴールドで、毎年12月16日から翌年の12月15日までの1年間で、年間利用額累計に応じて選べる特典が進呈されます。

年間利用額

・100万円(税込)以上の利用は11,000円相当の特典

・200万円(税込)以上の利用は22,000円相当の特典

選べる特典

・スマホ、携帯購入割引クーポン

・dトラベリングクーポン

・dショッピング

・dデリバリー

・その他

 

 

2.満足なポイント還元

 

今や1%の還元率を基準にプラスαの還元率を組み合わせたクレジットカードが主流となっていますが、ポイントや商品券の還元率が1%に満たないクレジット会社もある中で、dカードゴールドのポイント還元率は携帯がドコモユーザーであれば圧倒的還元率になります。

 

ドコモ料金の利用で10%還元

毎月の携帯電話料金やドコモ光料金などのドコモ利用の料金の支払いをdカードゴールドにすることで利用料金から10%還元されます。

ドコモによると、毎月の携帯電話の利用料金が10,000円の場合は10%還元で1年間(12カ月)に12,000ポイントがたまり、それだけでdカードゴールドの年会費である11,000円を上回るポイントがたまります。

ただし、10%のポイント還元に含まれない料金として、各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金などがあります。

注意点としては携帯の回線とdカードゴールドのひもづけは複数回線をひもづけることはできないということです。

例えば家族で2回線のドコモ携帯電話を契約している場合は、dカードゴールド1枚と家族カード1枚の計2枚でそれそれの回線にひもづけることになります。

家族カードの入会条件は18歳以上(高校生除く)の子供、配偶者、両親で、1枚目までは年会費無料ですが2枚目以降からは年1,100円(税込)かかります。

管理人の場合は、自分がdカードゴールドの会員で、配偶者がdカードゴールド家族カード(年会費無料)にしてそれぞれの携帯電話をdカードゴールドにひもづけていて、dカードゴールドにクレジットカードを変えたタイミングでネットもドコモ光にしました。

よって携帯料金2回線とネット料金分がdカードゴールドで10%還元されています。

もう1つの注意点として10%の還元は1,000円につき100ポイントたまる仕組みになっていて、1,000未満の料金にポイントは付かない点です。

例えば9,999円の利用料金は9,000円に対して10%還元となり900ポイントがたまります。

正確な還元率は9%以上10%以下ということです。

注意ポイント

・ドコモ利用料金はポイント還元に含まれない料金がある

・携帯の回線ごとにdカードゴールドをひもづける

・10%ポイント還元は1,000円につき100ポイントの還元



 

その他の10%還元対象ドコモサービス

スマホや携帯電話・ドコモ光だけではなく以下のdマーケット系のサービスも実はdポイント10%還元の対象サービスになります。

例えば、有料でCSやネット放送を契約している場合は、dマーケット系のサービスで目当てのコンテンツがあれば、サービスをドコモに変えることによって10%還元の恩恵を得られます。

また、有料コンテンツを契約しようか悩んでいた場合なども、これを機会とすることができるのではないでしょうか。

このように、dカードゴールドを機に色んなサービスを1本化して効率的に還元を得ることが可能です。

 

サッカー、野球など130種類以上のスポーツに加え、スポーツ関連コンテンツが見放題!

 

[初回31日間無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽など約12万作品が月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。

 

約200のアプリ・コンテンツが使い放題!

 

 

<国内最大!アニメ総合見放題サイト>TV放送中の最新作からなつかしの作品まで、あなたが見たいアニメがきっとみつかる!さらにはアニソンライブやミュージカルも配信!

 

 

スーパー還元プログラム

d払い、dカード、iDの支払いで、いつでも100円(税込)につき最大7%のポイントが還元されます。

以下はドコモサイトの抜粋になります。

参考

「iD(dカード)」および「d払い」で買物すると、通常の進呈ポイントに加え、さらに買物金額の100円(税込)ごとに最大7%のdポイント(期間・用途限定)を還元するプログラムです。

※ 専用サイトでのWebエントリーが必要となります。また、dポイント スーパー還元プログラムやドコモの決済サービスなどに関するお得な情報をご案内する「お知らせ通知」がONの方が対象です。
※ d払いのお支払い方法がdカード以外のクレジットカードでのお支払いの場合、本プログラムでの還元対象外となります。
※ ポイント還元対象となる決済金額は、上限15,000円/月(毎月10日~翌9日のご利用)です。
※ キャンペーンの内容は予告なく変更になる場合がございます。

 

説明文だけですと分かりずらいですが、毎月送られてくるメールからエントリーするだけで最大7%還元されるというだけです。

エントリーもメールからサイトへ行き「エントリーする」をタップするだけというシンプルさなので、手間を要しません。

スーパー還元プログラムは以下の内容になっています。

 

 

管理人の場合は「プラチナステージ」、「dカードゴールドドコモ払い料金」で2%、「dカード請求額」と「ネットのお店のお買い物」で1%~2%で毎月3%か4%の還元率になっていて、通常の進呈ポイントの他に付与されます。

期間・用途ポイントは通常のポイントとは違い有効期限は進呈日から3カ月間と短いですが、ポイントを使用する場合は有効期限の短いポイントから自動的に使用となるため、失効する恐れはないでしょう。

今まで何の気なしに20年以上1%に満たないクレジットカードを利用してきましたが、今ではこのような高還元率のクレジットカードの利用でかなりの恩恵を受けています。

 

d払い×dカードゴールドでよりお得

d払い利用分の引落し先をdカードゴールドとすることで還元率が1.5%になります。

d払いの還元率は0.5%で、dカードゴールドの決済が1%なので合わせて1.5%になるということです。

d払いとはレジでバーコードを見せて支払うサービスでスマホからバーコードを呼び出し見せるだけです。

d払いの出来るお店では単にdカードゴールドで支払いのではなく、d払いにすることでポイントがお得にたまります。

※ d払いは200円(税込)ごとに1ポイント、dカードは100円(税込)ごとに1ポイントの還元。

 

dカード特約店でさらにポイントがたまる

dカード特約店では、支払いで100円(税込)に1ポイントが付与される他にさらに0.5%から3%のポイントが付与されます。

地域にっては特約店が少なく利用する機会が限定的かもしれませんが、覚えておくとよいでしょう。

特約店とさらに付与されるポイント

・メルカリ    特約店ポイント 200円(税込)ごと1.5%

・マツモトキヨシ 特約店ポイント 100円(税込)ごと2% dカード提示でさらに100円(税抜)1%

・スターバックス 特約店ポイント 100円(税込)ごと3%

 

ポイントの利用

ここまではポイント還元率をみてきましたが、ためたポイントはどのように使うことができるのかをご紹介します。

dポイントは大きく分けて3つの使い方があります。

・ドコモの料金に使う

・店舗やネットの買い物で使う

・チャージやポイント交換に使う

 

 

ドコモの利用料金にポイントを使う

ドコモでの携帯電話やスマホの購入やスマホアクセサリー等の購入にdポイントを充てることができます。

このご時世、スマホや携帯電話の本体代金を分割にしている方は多いでしょうが、そんなスマホの本体代金にもdポイントを充てることができます。

勿論、スマホや携帯電話の周辺アクセサリーにもdポイントを充てることができ、毎月のスマホや携帯電話の利用料金にもdポイントを充当することができます。

 

店舗やネットの支払いにポイントを使う

提携している店舗やAmazonなどのネットでの買いもにdポイントを使うことができます。

 

 

付帯サービス

 

dカードゴールドはゴールドカードだけあって付帯サービスも充実しています。

また、ドコモだけあって付帯サービスにスマホ関連の補償があるのも嬉しいサービスです。

具体的な付帯サービスや利便性をみていきましょう。

 

ケータイ補償

スマホ・携帯電話が購入から3年間までの間で紛失や修理不能(水濡れ・全損)となった場合には、最大10万円の補償が付いています。

この場合、紛失や修理不能となった同一機種、同一カラーのスマホや携帯電話をdカードゴールドで購入することが条件の1つとなっています。

万が一の事故・紛失時にも安心ですよね。

なお、ケータイ補償の適用には他にも条件があります。

 

空港ラウンジ無料利用

国内とハワイの主要空港ラウンジが無料にて利用できます。

この付帯サービスは一般的なゴールドカードでは見慣れたサービスになっていて、dカードゴールドも対応しています。

旅行が多い方には嬉しいサービスです。

 

旅行保険

このサービスも一般的なゴールドカードには付帯されていますが、dカードゴールドも海外旅行と国内旅行に保険が付帯されています。

 

海外旅行保険

・会員本人と家族会員は最大1億円の補償金額

・会員本人の家族は最大1,000万円の補償金額

 

国内旅行

・会員本人と家族会員は最大5,000万円の補償金額

(旅行傷害保険)

・会員本人と家族会員は最大2万円の補償金額

(航空便遅延費用特約)

※海外旅行・国内旅行の各種保険適用には条件があります。

 

ドコモ アフィリエイトはサイトが無くてもSNSとメールで簡単に始められる!

 

 

まとめ

dカードゴールドをご紹介しましたが、dカードゴールドを最大限生かすのであれば、なるべくバラバラになっているサービスをドコモに1本化することです。

ドコモのサービスが、スマホ又は携帯電話の契約で2回線の場合はネットのプロバイダーをドコモ光にすることをおすすめします。

プロバイダーはたくさんの方が契約していると思うので、まとめることによってdポイント還元により結果的に節約にもつながるのです。



お問い合わせフォーム

-雑記
-, , , , , ,

© 2021 80%LifeStyle Powered by AFFINGER5